現場課題解決事例~稼働中の工場・施設の負担を減らす~

CASE2

稼働中の工場や施設で、新設配管に切替。YWCなら現場作業時間の短縮に重点を置きます!

工場や病院施設など、稼働中の現場で新旧の配管切替工事。
YWCでは必要作業を自社で行うため、現場で不要な作業時間をかけません。

概要

稼働中の工場や施設では、利用者がすでにおられるため、工事中の現場以上に時間に対するシビアさが求められます。 施設やラインへの影響を避けるため、作業時間は最小限に抑えなければなりません。

YWCでは、切替が必要な配管があっても、その場で施工してリスクを負うのではなく、

  1. 案件があれば、打合せに基づき、新設配管にすべき配管を現地でチェック!
  2. 切替が必要な配管の寸法をその場で取り・・・
  3. 工場で必要なプレハブ加工を行います。
  4. 現地では切替作業のみ。現場で溶接を行うことによる火花飛散を最小限に抑えます。

だから・・・

現場への影響を最小限に抑えることができます。

こんなリスクを回避できます

  • 現場作業の時間がかかり、施設利用者に迷惑がかかる。
  • 生産ラインなどへの影響。
  • 溶接の火花で他設備への影響が心配。
  • 品質悪化で後戻り行程。無駄な工事が増える。

要点

稼働中の現場での配管切替や溶接作業。溶接を伴う配管の現場加工を看過すると、稼働中の施設に思わぬ影響を及ぼすことがあります!

変える必要がある配管だけ、プレハブ加工・ 生産。
だから、時間もコストも無駄がありません。

YWCのここに注目

稼働中の工場や施設では、配管の一部が老朽化・破損が経年とともに目立ち始めます。
稼働中の工場や施設では、配管の一部が老朽化・破損が経年とともに目立ち始めます。

YWCでは現地に出向き、切替必要箇所を調査。自社工場で加工を行い、現地でとりつけます。
YWCでは現地に出向き、切替必要箇所を調査。プレハブ加工を行い、現地でとりつけます。
(写真は取付作業時)

切替完了。必要な箇所だけ自社工場で加工し、現場でとりつけるだけなので、現地での加工時間が短くて済みます。
切替完了。必要な箇所だけプレハブ加工し、現場でとりつけるだけなので、現地での加工時間が短くて済みます。