現場課題解決事例~プレハブ配管加工で解決~

CASE1

その場所が熱源機械室なら、なおさらオススメです。YWCのプレハブ配管加工

複雑な機械装置が交錯する熱源機械室では、機器を火花から守るため、
現場溶接のほとんどないYWCのプレハブ配管加工が安心です。

概要

複雑な機械装置が交錯する熱源機械室で溶接作業を行うと、火花が飛散し、建物の心臓部と言われる重要機器にリスクが生じます。そのため、加工サイドは火花養生の手間をかけるうえ、狭い作業環境の溶接では品質も落ちてしまいます。

YWCのプレハブ配管加工なら、

  1. 現地で寸法取りのうえ
  2. 自社工場で溶接・組立
  3. 現場では最後の設置に伴う、最低限の溶接関連作業を行うのみ

だから・・・

現場の安全・品質が計算できます。

こんな場所に設置できます

  • 熱源機械室配管
  • シャフト立管
  • スタンション上配管

こんなリスクを回避できます

  • 狭隘な現場に作業道具を大量に持ち込むことはありません。
  • 溶接作業をほとんど現場で行わないため、重要機器を溶接火花から守ることができます。
  • 狭隘な作業環境が生む、溶接品質の劣化を招きません。

要点

YWCのプレハブ配管加工なら、必要な作業のほとんどは、工場加工で完結。火花養生の簡易化・作業の省スペース化を図れます。重要機械装置が交錯する熱源機械室でも・・・

火花飛散などのリスクをから機器を守り、
工期の短縮化も図れます。

YWCのここに注目

複雑な機械装置が交錯する熱源機械室の配管加工
複雑な機械装置が交錯する熱源機械室の配管加工。YWCでは自社工場内でプレハブ配管加工を行います。

自社工場で加工し、出荷を待つプレハブ配管
自社工場で加工し、出荷を待つプレハブ配管

接合部に施された溶接
接合部に施された溶接。YWCの技術が詰まっています。