配管溶接技術

ラインを支える、機械装置を守るのは、YWCの配管溶接技術です。

パターンごとのフロー

  パターン1 パターン2 パターン3
場所 デリケートな流体を扱う食品・医薬品工場 重要機器が複雑に交錯する熱源機械室 一部の設備が更新時期を迎えている工場や施設
       
YWCの使命 徹底した衛生管理のため、流体の純度を保つこと 他機器に影響が及ばないよう、安全管理に気を配ること 稼働中の工場や施設に影響を及ぼさないよう、短期間・ローコストで更新を行うこと
       
YWCの着目点 流体が流れる配管の裏側を凹凸を抑えて、流体の流れをスムーズに 狭隘な現場での工事を避ければ、安全と品質の両方を担保できる 必要な個所だけシステマティックに取り替えれば短期間・ローコスト
       
実現するのは・・・ 裏波ビードを施す溶接技術 現場での施工を減らすユニット・プレハブ配管加工 長年の経験知が支える全体ラインを読んだ最適・最短リニューアル技術

そう、支えるのは・・・YWCの配管溶接技術です。

ポイント

ミリ単位の精密な勾配をつくる

流体がスムーズに流れるために、配管をミリ単位の精密な勾配を付けながらつなげていきますが、このとき重要になるのが、溶接技術です。溶接がきちんとされていなければ、精密な勾配が狂い、流体が滞り純度を阻害してしまいます。
きちんとした溶接技術がなければ、流体をスムーズに流すことはできないのです。

図面2次元、CAD3次元、現場は4次元

図面は平面的な2次元情報。CADはそれを立体的に組み上げた3次元情報。しかし実際の現場は、さらに風や湿気などの自然環境、他業者の施工状況など複雑な情報が絡みあう4次元的な環境となります。
現場の複雑な情報を読み解くのは、数多くの経験知。仕様以外の溶接方法をご提案し、難局を乗り切ることもしばしばです。

他社施工の配管工事でも、診断・ご提案をいたします。